Darkness world -ある捻くれ者のつぶやき-

成瀬香織です。私の幼少期からの出来事をエッセイ形式で書いていきます。(ちなみにこれは全て私の心理カウンセリングで使われたものです。虐待などの内容を含むため、閲覧にはご注意ください)

ネズミとお米

私が幼稚園の年長になる頃の話。

我が家に三人の母親がやって来た。ちょうど玄関脇の部屋で遊んでいた私は聞き耳を立てるまでもなく会話の内容は聞こえてくるものだから、聞いてしまっていた。

「来年から○○幼稚園(私の通う幼稚園)にうちの子たちが入園するんですけど、あそこって送迎バスも無いでしょ?だから成瀬さん家で娘さんと一緒に毎日送って行ってもらいたいんです」

と我が家にわざわざ頼みに来たのだ。しかも何回も同じ人がうちに来て幼稚園の送迎をしてくれと言っている。その人たちが別にどの幼稚園に子供を通わせようが構わない!だがなぜ我が家に送迎まで頼むのだろう。母親はしぶしぶ了承した。後に聞いた話だが、私の通う幼稚園は送迎が無いけれど公立でいちばん保育料が安いということで、みんなそこに決めたらしい。ちなみに私立の送迎付きの幼稚園だと高すぎて通わせられないとのこと。

この母親方は何を考えているんだろう。後に聞いたのだがうちの母親は「わざわざうちに『送迎してください』って毎日頼みに来ていた。しかもしつこく!あんなんじゃこっちも断れない、近所だし」とぼやいていた。

 

年少組の件はうちの母親がしぶしぶで解決したものの、そしたら今度は同級生のアキノリ君のお母さんまで我が家に送迎を頼みだす始末。私はアキノリ君の事が大嫌いだった。平気で悪口を言ったり仲間はずれにしたり、そういうことをするから。

余談だが今では考えられないが、当時の道交法ではチャイルドシートの着用義務も無く後部座席に子供がたくさん乗っているなど普通だった。中には農家の家の子供なんてもっと恐ろしく、自家用車の軽トラの荷台にそこの家の子供が乗って登園する姿も珍しくなかった。

そして我が家、毎朝母親は私とアキノリ君、それと年少組のサチヨちゃん、美姫ちゃん、家が少し離れたタカヒロくんを乗せて幼稚園に行くのだった。

 

幼稚園から帰ると習い事のない日は美姫ちゃんたちと遊ぶこともあった。が、美姫ちゃんはとてもわがままな女の子。相手が上級生でもお構いなしに威張る。タカヒロくんもはっきり言って私は大嫌いだった。悪口は言うし暴力も振るう、美姫ちゃんと同じく威張るので。そしてもう一人のサチヨちゃんは美姫ちゃんのいい奴隷。そのうち美姫ちゃんの近所に母子家庭の正子ちゃんという小さめ女の子が引っ越してきた。そしてやはり私らはお姉ちゃんだからと仲良くしてあげないと!と思っていたら、美姫ちゃんはマサちゃん(正子ちゃんをそう呼んでいた)に意地悪をし始めたのだ。それだけじゃなく、しまいには脅すようにもなり、私も美姫ちゃんとは遊びたくなくなってきた。そんな中、そこにアキノリとタカヒロが加わり私に対しても嫌がらせをするようになった。

アキノリもタカヒロも実は美姫ちゃんに嫌われたくなかったから、私をいじめるようになった。

 

私は美姫ちゃんたちと遊びたくないと母親に訴えたが聞いてもらえず、「あんたがもっと大人になりなさい」と言うだけ。けれど私も頭に来ないわけもなく、一度幼稚園で美姫ちゃんやアキノリとかタカヒロに「意地悪する子は車に乗せてあげない!明日から歩いて幼稚園来なさいね」と面と向かって言い放った。

すると美姫ちゃんや他の子の親御さんたちから謝罪の電話の他にやはり「乗せていってもらえないと困る!」という決まり文句。そして母は

「金田さん(美姫ちゃん)とこも佐川さん(タカヒロ)とこも勝手よね〜。うちの子に意地悪しているくせにいざとなると「捨てないで!」だもん。どんな躾してんだか、聞いてるこっちが恥ずかしい。」

続けて

「美姫ちゃんはさぁ、ネズミって感じなのよね。うちの子はふっくらした米って感じでさぁ。そりゃお米はネズミに食べられちゃうわね。ま、美姫ちゃんちは下の赤ちゃんが生まれたばかりだから美姫ちゃんは寂しいんだよ」

それから数日間、私は美姫ちゃんたちと登園しなくなった。うちの母の都合で少し離れたところにある雇用促進住宅に住む千穂ちゃんと千穂ちゃんの妹の萌ちゃんと登園することになった。幼稚園の役員の関係で子供を幼稚園に送りつつバザーの会合があるというので同じクラスの役員さんである千穂ちゃんと登園となったのだ。

千穂ちゃんは背が高く髪も長い、目の大きな女の子だ。そして何よりもとても優しい性格の子で幼稚園に入ってすぐに仲良しになった。年子の妹の萌ちゃんの面倒もしっかり見るので、私も母も千穂ちゃんのことは大好きだった。

母曰く「いくら役員の関係とはいえ、五十川さんと幼稚園行くようになったら香織も落ち着いたわ」。期間限定であっても、私はこの時間が楽しかった。

 

バザーが終わるとまた大嫌いなアキノリや美姫ちゃんたちと関わらなければならない。親同士が勝手にやろうと決めたクリスマスパーティーとか私の誕生会など。中でも誕生会は最悪だった。

美姫ちゃんが途中から仕切りだしたあげく、「美姫はお姫様なの。だからみんなはお姫様の言うことを全部聞かないといけないのよ!あ、きょうは香織ちゃんの誕生会だけど、ここからは美姫のお誕生会にしよ!ね、いいでしょ?」

と、勝手に誕生会を乗っ取り出したのだ。私は悔しくてその場で泣いた。それを見たうちの母は「もっと大人になりなさい!あんたがしっかりしてないからこうなるの!!」と完全に美姫ちゃんの味方…、普通は逆だろうと思いつつどうにもならない状況をただただ見ているしかなかった。

そこへ美姫ちゃんの母親がやってきた。美姫ちゃんはこれからピアノ教室へ行くというのだ。美姫ちゃんの母親はこの惨状を見て驚いていた。誕生会の主人公を差し置いて、あげるように言って渡したはずのプレゼントも美姫ちゃんが自分のものにしちゃっている…そして散らかし放題。

美姫ちゃんのお母さんは

「あんたたち、やめなさい!!」

と怒鳴り、美姫ちゃんを呼んだ。そして私に事情を聞くと、美姫ちゃんの頬を思いっきり平手打ちしたのだ。

「美姫!あんた、なんて事したの?!人様の誕生会を乗っ取ってそれで香織ちゃんのプレゼントも奪って!こんな子うちの子じゃないわ!!」

それから美姫ちゃんのお母さんはうちの母親と私に平謝り。その後美姫ちゃんのお母さんは理由を聞いた。美姫ちゃん曰く

「だって、パパもママもじーじもばーばも宗介(生まれたばかりの弟)ばっかなんだもん。美姫のこと可愛くなくなったんでしょ?宗介なんていらないもん、美姫はお姫様なんだもん。それに香織ちゃんよりも美姫の方が可愛いから何してもいいんだもん!ママのばか!香織ちゃんのばか!宗介のばか!みんな嫌い!!」

美姫ちゃんはわんわん泣いていた。美姫ちゃんはずっと甘やかされて育っていたのだ、宗介くんが産まれるまで。いざ宗介くんが産まれて周りが「宗介!宗介!」となって美姫ちゃんが宗介くんのところに行って家族や親戚に声を掛けても相手にされなくなってしまい、悲しくなったようだ。

美姫ちゃんのわがままは私も大嫌いだった。けれど寂しい気持ちから威張ったりするようになって、そう考えたら私も泣いていた。そこにいたアキノリも泣いていた。タカヒロは「くだらねー」と吐き捨てて帰って行ってしまった。

 

それからは私は母親と一緒に私一人で登園するようになった。

他の子たちは?というと…美姫ちゃんのお母さんの免許が取れたこともあり、美姫ちゃんのお母さんの車に美姫、タカヒロ、サチヨと乗って登園していた。それとアキノリは、アキノリの父親が送るようになった。たまにウチに頼むこともあったけど。

 

時は過ぎて私は小学校中学校とアキノリや美姫、サチヨ、タカヒロ、マサちゃんと一緒だった。高校はアキノリとタカヒロは低偏差値の工業高校に進学し、美姫とサチヨは市内の女子高(進学校)に進学、マサちゃんは吹奏楽部の強豪の高校に進学し、私は市内トップレベルの情報系の高校に進んだ。

高校三年の頃に地元の駅で美姫が男といるところを見かけた、きっと彼氏だろうなと思いつつ、そのまま遠くから見ていた。

それと車の免許を取って一年ほどした頃、商店街近くのガソリンスタンドに車のガソリンを入れつつ灯油を買いに行ったところ、ガソリンを私の車に給油してくれたのが、タカヒロだった。そしてタカヒロは灯油もポリタンクに入れて後部のトランクに入れてくれた。

 

高校生になって、ある程度社会を知って恋愛をしたり、アルバイトをしたり、何だか彼らを見ていて感慨深いと思った。

 

なりすましの小学生

これは小学校六年の時に実際にあった話である。

学校関係者や同じ学年の児童になりすましていたずら電話など、よくある時代だったせいか年に数回は必ずそういう迷惑電話がどこの家にも掛かってくるもんだったのだ。我が家も例外ではなかった。

 

晩秋のある日。

この日私はそろばん教室に行っていたので、帰宅するのは18時頃だった。その間に我が家にいたずら電話が来たのだ。

電話を受けたのはうちの母で、普通に受けたようだ。この日の夕方17時頃…

母「はい、上坂です」

??「あ、あの。僕…上坂眞帆呂のクラスの山田ヒロユキ(仮名)です」

母「山田くん、ですか?」

小林「上坂眞帆呂、生意気なので直してください」

母「え?それはどういう事かな?」

ガチャン!!

母曰くこのような電話だったそうだ。この後母は悩んだ末、学校の担任に相談をすることにして、学校に電話をかけてことの経緯を話した。

 

そして私がそろばん教室から帰宅して、母から

「あんた、山田ヒロユキって子から電話あってね、あんたが生意気だから直してくださいって言ってて…そんで切れちゃったのよ。あんたその子に何かしたの?」

確かに同じクラスに山田ヒロユキという男はいた。だがたいして仲も良くないうえに話もほとんどしないので正直なぜそのようなものに繋がるのかがわからなかった。もちろん喧嘩もしてないし、私が山田に何かしたとかそういうものなど心当たりもない。だから

「ううん、何もしてないけど。確かにうちのクラスの男子だけどそれと言って目立つような子でもないし、私とも殆ど関わりがないんだけど。そもそも話すらしないし」

と母には話しておいた。

 

翌日。

いつもどおりに学校へ行った。

すると担任に呼ばれて前日の電話についていろいろと事情を聞かれた。

もちろんその時間に私はそろばん教室に行っていて家にはいなかったし、電話を受けてもいないから何もわからない。それに同じクラスにいても仲もよいわけじゃないし、たいして話すこともほとんどないから、そんな電話を受けること自体理由がわからないと応えた。

続いて山田も事情を聞かれたようだ。けれど山田もその日は外出をしていて電話などかけていないと言っている。正直わけがわからない。

 

それから2、3日過ぎた頃。

私は学校へ行ったあとに購買に行った。すると同じクラスのいじめっ子男子2名に突然

「おいっ!山田に謝れ!」

と凄まれてしまい、担任が学年主任が出動する騒ぎになった。私は心当たりがないうえに、意味もわからない状態で凄まれて暴力も振るわれたのだ。

そのいじめっ子男子2名はその後校長室に連れて行かれ、一時間目の途中で教室に戻ってきた。校長先生に説教されたそうだ。

校長先生曰く「真犯人がわからない以上、外野が騒ぐのはよくない。犯人を決めつけて上坂さんを責めて暴力を振るうなんて言語道断!」と言ってくれたそうだ。そして加えて

「そんないじめっ子は、この学校には置いておけません!」とも。

 

その翌月。

学習発表会があった。私らは音楽劇で「泣いた赤鬼」をやった。

それがまさか我が家にいたずら電話をしてきた犯人をあぶり出すことになるとは誰も想像出来なかっただろう…

隣のクラスの小林ヒロシ(仮名)という男が青鬼の役をやったのだ。そして小林扮する青鬼が赤鬼へ手紙を残して立ち去るというシーンにて。

小林扮する青鬼が手紙を朗読するのである。なんと、その声は…母が電話で聞いたあの声だというのだ。もちろん母は学習発表会の後にうちの担任にその旨伝えた。

すると翌週、小林はうちの担任と自身の担任、そして学年主任に呼び出されて我が家へのいたずら電話について追求されていた。担任から後に聞いたのだが、小林は最初は「やってない」と言い張っていたのだが、最後には認めたというのだ。私の事か気に入らない、それだけの理由でいたずら電話をしたというのだ。しかも自分の名前を名乗らず、私と同じクラスの山田の名前を出したというのだ。

山田の名前を出した理由は、自分の名前を出したくなかったから。卑怯者である。その日のうちに小林からの謝罪があったが、私は突っぱねた。この小林という男がどんな奴か知っていたからだ。

他人の落とし物があっても「あ、それ僕の!」と言って自分のものじゃなくても持っていってしまったり、弱いものいじめをしたり、自分の罪を人のせいにしたり、常に自分のことしか考えない卑怯な男なのだ。ドラえもんジャイアンちびまる子ちゃんの藤木を足して二で割ったような最低野郎なのだ。それだからまた同じような事をするだろうと考え、私は奴の謝罪を突っぱねたのだ。これでいいのだ、ここで許そうもんなら、また被害者が増えるだけだ。

 

ところでこの事件…

山田も被害者である。私は山田に謝罪をした。だが山田は「俺もあんたを疑ってごめんな。それと俊雄と順一にあの後ぶたれたんだろ?大丈夫だったか?本当に俺があいつらに言ったからそうなったんだもんな、ごめんな…」と泣きながら謝ってくれた。

最後はお互いに謝罪するという形で解決した。山田もいい迷惑だっただろう。

好きな言葉

@q6dq72v95krXoaeさんのツイート: https://twitter.com/q6dq72v95krXoae/status/1051769879227858944?s=09

 

攻殻機動隊草薙素子の名ゼリフです。

まさにいじめっ子に言いたい。結局あなたたちは不満があるからいじめをするんでしょう?

なぜあなたたちの不満を関係のない方がいじめという方法ではけ口にされなくてはならないのでしょうか?

自分の不満は自分で解決するのが筋ではないのか?それか「相談」という形でご自身のお友達や親や先生、それか児童相談所教育委員会などに話をして解決させるのがベターではないのですか?

 

いじめという形で解決すんなよ。

かっこ悪いし、そういうのダサいと思う。

 

それにいじめって立派な犯罪よ?

怖い夢

久々に怖い夢を見た。

 

けれど実は、それは私の身に起きていた事だった。それが夢になって出てきてしまったのだ。

 

そう、私は中3の時にレイプされた。

めちゃくちゃ怖かったし、何よりも気持ち悪かった。愛のない暴力目的でのセックスほど怖いものはない。

 

痛かった。

怖かった。

正直死ぬかと思った。

 

ズタボロになった私を友人が発見し、保健室で保護された。

その後同じ学年の別のクラスの先生(女性)が事情を聞いてくれたけれど、こっちは事情を話すのも怖くてたくさん泣いたし、たくさん吐いた。

 

その前にはトイレに行こうとしたら、ある男子生徒にトイレまで後をつけられて私の後を追って入ってきていた。そして個室のドアをドンドンと叩くという異常行動まで…

 

いじめというより、これはもう「性暴力」だろう。

 

この加害者が今もどこかでのうのうと生きていると思うだけで吐き気がしてくる。

勝てなくないよ。

ども、こんばんは。

成瀬香織です。改名してから初めて書く記事になりますね。

 

今の私のことを少しだけ書きたいと思います。

私、いじめや両親からの虐待が原因で今でも心理カウンセリングに通っております。カウンセラーさんとも仲良くなり信頼関係も出来上がりました。

もそもそこの心理カウンセリングを勧めてくださったのは、私の住む地域でいちばん歴史のある精神科でした。そこでいくつかの検査やテストを行った結果、私は精神科に通うような病気ではなく、深層心理に問題があると判明したからです。

そのお医者様にも私は感謝しています。初めてその病院へ行って先生と話をしたとき、私は嬉しさのあまりに泣きました。心の暖かさに触れた気がして、どんなに苦しいことでも誰にも話せなかったことを聞いても否定することなく嬉しそうな顔で褒めてくれた、「つらければ泣いてもいいんだよ」と言ってもらえたことが嬉しくて…

 

そしてそこに数回通って、その後にとある大学の心理カウンセリングを勧められ、そこに通って治療しています。

カウンセラーさん曰く、私はまだ軽い方だそうです。中にはもっと苦しんでいる人もたくさんいるそうです。

まだまだ変わらない部分もあります。だけどそれまで変われなかったものも少しずつ変わって、毒を吐くようにもなりました。毒すら私は吐けなかったのです、両親から止められていたからです。

良い子に仕立て上げたかったのでしょうね。

 

けれどカウンセラーさんとの信頼関係が良好になり、それなりに毒を吐く、ブラックジョークを好むなど、本来の自分に向かっている気がします。更に私はポルノグラフ的な物やセックスシンボル的なものが好きです。それすら両親には「いやらしい」だの「汚い子供」などと批判され部屋にそのようなものがあるだけで捨てられて罵倒されるという…そんなことが続いていました。

けれどカウンセリングでも精神科医にもポルノグラフが好きなだけでは異常などないということを教えられ、私はおかしくない!と自信を持つことができました。ポルノグラフ、私は決して性的に嫌らしく下品とは思わず美しいと思うのです。美しいと思うということがおかしいことでしょうか?変なことなのでしょうか?ただただ美しいというものの対象がそれだっただけだと思っています。今では「変態」と言われてもそう言われることを誇りに思えているぐらいです。

 

さて、それからいじめに遭っていたからといってニートでも何でもありません。きちんとした職を持っています、イラストレーターです。

それに大切な家庭も持っています。たくさんの友達もいます。友達だって私自身のバックグラウンドを理解した上での友達です。身体が強くないことやメンタルに異常があっても常に仲良くしてくれていますし、理解してくたさっています。

それよりも私は誰よりもいじめや虐待で苦しむ人の気持ちを理解しています。優しく時には厳しく接することもできます。小学校で現在ボランティアをしていますが、子どもたちは私に懐いてくれて、心を開いてくれます。

特別支援学級の子どもたちも私には心を開いてくれます。

私はそういう自身の側面を強みだと思っています。

 

何かが自分の中の「スタンダード」ではないことからいじめをする人間がいます。けれどそれは決して全てにおいての「スタンダード」ではないのです。

何が「スタンダード」?そんなものは関係ないのです。

皆様へ大事なお知らせ

いつも私のブログを読んで下さり、心から感謝申し上げます。

この度突然ですが、諸事情によりペンネームを「高坂はる香」から「成瀬香織」に改名いたしました。改名をしても書いていく内容は同じです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

成瀬香織

ハサミと赤い糸と俺

まず…

赤い糸→私が相手を愛する気持ち、恋をすること

ハサミ→我が両親および兄

 

私かて若かりし頃は沢山恋愛をしてきました。そりゃそうですよ、いち若い娘でしたから。

けれど恋愛をしているとなると、必ず親(特に母親)の監視が入るのだ。ひどい場合だと相手の人の身辺調査をしたり、例えば会社の社長や役員、その息子が相手であれば会社を調べるために商工リサーチに問い合わせてまで相手のことを調べあげて両親揃って品定めをするという最悪なパターンもある。

更にはすでに成人している娘のことを実家に縛り付けて勝手に門限を決めてデートをさせないなど、そういう規則ばかりを作る。

もちろん当方はそれを良しとするはずもなく、成人しているのだからその辺は理解してほしいと一人暮らしをしようかと物件を探したりもしていたが、母親からは泣きつかれる、マザコンの兄からは出ていかないでくれと懇願され、どんな手を使ってでも阻止されるという悪循環に陥る。

しまいにゃ夜10時頃に家に帰宅した時、父親が玄関に出てきて私を怒鳴りつけたて、リビングにあったミカンや玄関にあった置物を私に投げつけてきたうえに私に殴りかかったのだ。

私は怖くて家から逃げたのだが、無理やり引き戻されて説教を食らう羽目に。私だけじゃない、当時の彼氏に対しては「今すぐここに連れてこい、ぶっ殺してやる!」とまで。ここまでくると父も母も正気ではない。

今思うと両親は私はただの両親の体裁のための飾りでしかないのだろう。そうじゃなければ実家にいることを強制したり、一人暮らしを阻止したり、就職にしろ進学にしろ地元にはこだわらないだろう。むしろ一人暮らしさせたり、遠方の寮に入れたりと子供を巣立たせるのが親の役目のはずである。

それなのに成人している娘の行動を制限してりなんてけしからんものだ。私は両親の世話をするために生まれてきたんじゃない、私は両親の墓を守るために生まれてきたんじゃない、私は自分の人生を後悔のない生き方で全うするために生まれてきただけなのに。

 

これだから私が誰かを好きになってもその赤い糸は両親によってぷっつりと切られてしまうのだ。だから私はコソコソと付き合うか、男遊びに走ってしまったのだ。

ただ一緒に食事や買い物をするだけ、体を重ねるだけとか、本当に虚しくなることばかり。ただ、当時は体を重ねるだけでも幸せだった。中には自分より10歳近く年上の人もいた。その時だけは仕事も親のことも全部忘れられたから、本当に幸せだと思っていた。けれどいざ行為が終わって別れてみると、虚しさしか残らない。そんでそのうち私は要注意人物となってしまう。

だけど私は体を重ねるだけの相手からは金品は一切もらっていない。なんだろうな、都合のいいセックスワークみたいなものだったのかもしれない。矛盾しているけれど、その都合のいいセックスワークも後悔などない。

そして買い物や食事をともにする男性にはいろいろと買ってもらったり、食事をおごってもらった。高いレストランや料亭にも行ったし、ブランドもののバッグや服を買ってもらったりもした。もちろんこれだって虚しさしか残らないけれど、ただ「大切にされてるんだなぁ」というその気持ちに浸りたい。それだけだった。

 

なぜそうなるか…

恋愛をしても親から無理やり別れさせられ、身辺を調査され、無理やりお見合いを取り付けられたりと、そんな事ばかり。

だからこそ私は本当の愛が欲しかった。けれど今の旦那と出会ったのは、本当によかったと思っている。運良く今までの元凶だった母親が亡くなった後だったから。それと私の留学で日本とカナダとの遠距離恋愛を貫けたこともよかったと思っている。

私がカナダ、旦那が日本でも、貫いた。本物の愛だからだろう。それに旦那は私と付き合う時には既に私がカナダに留学することが決まっていたのだが、それでもいいとカナダ留学を後押ししてくれて、応援してくれた。両親や兄よりも応援していたのだ。

本当は両親がすべきことを旦那はしてくれている。本当に嬉しいし、私はその時人の心の暖かさに触れた。

ここからは私の赤い糸を切る者は現れなかった。むしろ強固な一本の赤い糸だったんじゃないかな?そう思う。両親やストーカーにあったこと、旦那と付き合う前に理不尽な理由で失恋したこと、旦那はそれを受け入れてくれて私がたくさん泣いたこと、私が原因不明のウイルスで消化器官をやられたときもずっと付き添ってくれていた、カナダ留学にも笑顔で送り出してくれて、毎週テレビ電話をしたり、本当に心配になった時は国際電話をしてくれた。帰国してからもすぐに両親に紹介してくれて、うちの親やお兄ちゃんにもあってくれて同棲も始めた。結婚するまでに赤い糸はハサミじゃ切れないほど強いものになっていたのだろう。